ストーブ

ポータブルストーブ(1)


ポーターブルストーブ。

煙突も電気も使わない、灯油もカートリッジタンクに入れて、本体に収めて使う、すごくシンプルなストーブ。

2000年問題の時や、停電時などにあわてて買って、そのまま物置に一台くらいあるのではないでしょうか?

 

たまに出してきて、きちんと動くか確認すると、芯が硬くなってダイヤルが動かないとか、電池が無くて点火しないなんて、良くあります。

芯は去年の持ち越し灯油や、水やごみの入った灯油などを使ってしまうと、硬くなって動かなくなってしまいます。

長期間使わない時は、タンクや本体の灯油を抜いて、風の当たらない所で、空焼きをしてから保管をする様にすると良いでしょう。(メーカーの取扱説明書の指示に従ってください。)

 

当社では、ポーターブルストーブの芯の交換も行っています。

ダイヤルが硬くなって動かない、臭いが強い、芯が減って点火しないなんて時は、芯の交換が必要です。

芯の交換が4500円税別、芯の価格は、1500円~2000円くらいです。

もちろん芯の交換だけでなく、内装や外装の清掃を行い、ピカピカにして納品します。

基本的には、当店に持ち込みいただくようお願いします。サービス料金にて実施しています。ご協力お願いします。

その際には、灯油があふれないよう、カートリッジタンクは外してストーブと一緒にお持ちください。

 

無題

 

 

 

 

関連記事

  1. ストーブ

    タイマーで点火しない時に確認しておく事

    どうも最近、肩がこるので、寒いからかなと思っていたら、ダウンベストを着…

  2. ストーブ

    床暖房や温水パネルの不凍液、交換の目安

    暖房用の不凍液はいつ交換するのが良いのかっていうと、4年毎って事になり…

  3. ストーブ

    プレミアム商品券

    本格的に寒くなり暖房を使うシーズンとなってまいりましたが、いかがお過ご…

  4. ストーブ

    ストーブの点検ってどんな作業なんでしょう。(写真多め)

    ストーブの点検整備ってどんな感じに作業をしているのか。お客さんから見え…

  5. ストーブ

    ちょっとロケットストーブってなんなの?

    ロケットストーブの名前は聞いたことがあったんだけど存在は知らなくて、特…

おすすめ記事

  1. 未分類

    講習会に伴う、臨時休業のお知らせ
  2. 未分類

    石油ストーブの修理、メンテナンス
  3. ボクの思いや日常

    黒板を書き始めて、地元の小学生と交流を持つ事が出来ました。
  4. ボイラー

    つい忘れちゃう、凍結予防の水落とし。
  5. ストーブ

    ストーブの分解整備の作業はどんな事をしてるのか。塗装、組み付け。
PAGE TOP