ストーブ

ストーブが止まった時に確認して欲しい事。


先日、ストーブにぶつかった後、エラーが出て火がつかなくなったので見て欲しいと、連絡があり行ってきました。結論から言うと、リセットボタンを押して治りました。

布団を運んでいる途中で、ストーブにぶつかったらしいです。その時に、灯油の流れを安全装置が強制的に止めてしまったんですね。電話口でリセットボタンを押したら治るから大丈夫だよと言ったのですが、どうも怖いから見にきて欲しいと言われるとね、しかも前の晩からのぞえ商事が営業を始める、次の日の朝までストーブを使わないで待っててくれたらしいんです。ありがたい事です。三月とはいえ、北海道はマイナス気温だもん、きっと寒かったでしょうね。

写真中央のちょいと下、やや左に、赤いボタンがついたシルバーの容器がわかりますでしょうか。この容器のところで、ストーブに振動を与えた時や灯油タンクをカラにした時なんかに安全装置が働き、灯油の流れを止めてしまいます。この灯油の流れを復帰されるのが赤いリセットボタンです。

リセットボタンの位置は、ストーブのメーカーや種類によって変わってくるんですが、おおよそストーブ本体の右側についています。

右横に指が入りそうな小さな穴が空いています。そこに指を入れて赤いボタンを一回押すだけ。何回も連続で押すと灯油が溢れる事もあるから、一回か二回にしておいてください。

排気管の外れや、灯油ゴムホースからの漏れ、ストーブの取り付け状況を確認して、リセットボタンを押し、安心して使ってもらえる事を説明して終わりました。本来であれば、こんな簡単なことでも料金はかかります。今回ケースはのぞえ商事から買ってもらっているお客さんなので、料金はいただきませんでした。やはり使う側のお客さんからすると不安だったんでしょうね。無事に解決して良かったです。

他所で購入されたストーブやボイラーでも、修理や点検に伺いますので良かったら電話してくださいね。ちなみにLINE@で修理に関する相談なんかも受けてます。

 もし良かったらこちらをクリックしてライン登録お願いしますね。こちらからの発信はしないです。ちょっと気になるなーとか、相談したいなーって時にご利用ください。

友だち追加

関連記事

  1. ストーブ

    ポータブルストーブを買ったら、やっておくべき3つの事。

    停電になると見直されるポータブルストーブ。電気を使わないから、…

  2. ストーブ

    ファンヒーターの保管方法

    桜が満開の声も、あまり聞かなくなってきましたが、そろそろ使わなくなりま…

  3. ストーブ

    ストーブの火がつかない、点火しない、三つの要素と事例。

    気温がマイナスになって来て、ヒートテックなももひきを選択の余地なく装備…

  4. お知らせ

    洗濯物をストーブの近くで干さないでね。

    30度を超えたと思ったら、20度に行くかいかないかのお天気。寒暖差が激…

  5. ストーブ

    業務内容の紹介です。

    今日で長男の幼稚園が終わり、春から小学生になるという事で何かあったかい…

  6. ストーブ

    次の50年に向けて

    みなさん今日は私にとって大事な日です。ちょっと真剣に長めの投稿…

おすすめ記事

  1. ペレットストーブ

    ペレットストーブの調子が悪い。やっと現象が確認できて、オーガモーターを交換したら…
  2. ボイラー

    今日は1日寒かったねー。水道凍結には注意してね。
  3. ボクの思いや日常

    長女に作文を書かせてみたー!
  4. お知らせ

    ホームタンクから灯油が漏れていると電話をもらいました。
  5. お知らせ

    ホームタンクもたまにはみてあげてね。
PAGE TOP