ペレットストーブ

ペレットストーブは国内製と海外製どちらが良いのか。


どーも、街のあったかサポーター、のぞえ商事の野副弘幸です。

一年間の販売台数が4000台と数少ないペレットストーブの需要に、沢山のメーカーが集結しているペレットストーブ業界。はたして国内製品と海外製品とどちらが良いのか。

デザイン重視なら海外製品。使い易さや、静かなのは国内製品。

 

海外製ペレットストーブの特徴

圧倒的にデザインがいいです。ヨーロッパのペレットストーブの多くはイタリアで作られている物が多く、どれをとってもおしゃれな印象を受けます。ペレットストーブの歴史も30年以上あり、製品の成熟度も高くなっています。放出する熱量も大きいストーブが多いのも特徴ですね。機能が豊富でいろんな調整ができるので、幅広いペレット燃料に対応できます。欠点といえば、消耗部品が手に入りにくい場合がある。アメリカのストーブは音が大きめ。といった所でしょう。

カナダ製のペレットストーブ。エンバイロ社のエンプレス。

イタリア製。ラベリ社のRV80。

日本製のペレットストーブの特徴

まず、説明書が日本語で書いている(笑)そして修理の時に一番感じたのは、直接メーカーに相談できるって事と部品がすぐ手に入る。これ大きいです。修理業者にとってはありがたいです。内部の構造もシンプルに作られている場合が多く、メンテナンスのし易さも考えられているメーカーが多いなと感じます。設置もなるべく部屋のスペースを邪魔しないように配慮されています。デザイン的には、やはり欧米のものと比較すると…ちょっと物足りない部分もあります。

日本製のペレットストーブ。トヨトミ工業のPE−8。

自分の家で使っているのは海外製品です。日本の製品と違ってカタログ通りにいかない場合もあって、毎日使ってみなければお客さんに説明する事ができないからです。そんな一年とか2年しか使っていないペレットストーブが数台眠っています(笑)

最終的にどちらが良いとか、悪いとかではないので、長所と短所をしっかりと理解して生活に合ったペレットストーブを選んでもらえればと思います。

関連記事

  1. ペレットストーブ

    あぁ〜!早く頭を2017年に切り替えないと。

    あけましておめでとうございます。まだまだお正月気分が抜けていま…

  2. ストーブ

    ストーブのカタログ差し上げますよ

    今年も残すところ三分の一。もう二カ月もしないうちに寒さがやってきま…

  3. ストーブ

    年末年始休業のご案内

    年末年始の休業のお知らせやっと…

  4. ストーブ

    ペレットストーブを自宅で使い始めて5年目になったので、感想的なブログです。

    北海道は来週から冷えるみたいだね。マイナス4度以下になると水道管の凍結…

  5. お知らせ

    ペレットストーブの燃料は猫のトイレに使えるのか。試してみる。

    昨日はジグソーパズルを遅くまでやっていて寝不足になっています。…

  6. ストーブ

    プレミアム商品券

    本格的に寒くなり暖房を使うシーズンとなってまいりましたが、いかがお過ご…

おすすめ記事

  1. ストーブ

    ストーブのカタログ差し上げますよ
  2. ボクの思いや日常

    明日から仕事っす。
  3. ボクの思いや日常

    厄払いに
  4. お知らせ

    シップリサイクルを室蘭で。ていうかシップリサイクってなに?
  5. ストーブ

    石油ストーブのセーブ運転とか、エコ運転とかって何って話
PAGE TOP